がん保険は終身と定期どちらがオススメ?

3838c6972918910f26674362b98dc14d_s

がん保険に入るとき、終身か定期か選ぶのにとても悩みますよね。まず終身保険と定期保険となると、保険料はもちろん、内容なども少しずつ違ってきます。

ここでは終身と定期の特徴と違い、どちらがオススメかについて解説していきたいと思います。

終身保険の特徴

まず、終身保険は文字通り、保障は解約しない限りは一生涯続く保険と考えて問題はありません。保険料も契約したときから一定で変わることもありません。終身保険の中にも2種類あり、ある決められた期間までか、終身、つまり死ぬまでかの2つです。

終身保険は、保険料が変わらないというメリットもありますが、その代わりにはじめから保険料が割高というデメリットもあります。

また、この場合はがん保険の終身型なので、保障が一生涯続くと言っても、がん関連の病気のみということをお忘れなく。

定期保険の特徴

定期保険は、5年ごと10年ごとなど期間ごとの更新でのがん保険なので、若ければ若いほど保険料は安く済みます。なので、更新ごとに保険料があがるという仕組みですね。ですが、その代わりに新しい現在加入している保険より良い商品が出たら、気軽にそちらに切り替えることができますし、始めは保険料も安いのでお得な感じがします。

ただし、年齢を重ねる毎に保険料は上がりますし、中には年齢が決められている保険もあるので、一生涯の保障があるかと言われれば少し難しいところです。

結局、終身と定期はどちらが良いのか

正直言って、終身保険も定期保険もそれぞれメリットとデメリットがあるので、どちらが良いかを決めるのは個人の価値観という風になってしまいます。

【保険料が高くても保障は一生涯あるほうが良い】という方には終身保険がオススメですし、【保障は一生涯でなくとも保険料が安いほうが良いし、新しい商品が出たら見直しもしたい】という方には定期保険がオススメです。

今回の場合、がんという年齢を重ねれば重ねるほど不安になる病気なので、終身保険がオススメかなと思いますが、料金的に厳しいのであれば、定期保険のほうがリーズナブルで良いかもしれません。

定期保険の中には、更新し続ける限りは一生涯の保障があるものもあるかもしれませんが、基本的には70~80歳までとの年齢制限がかけられているものが多いようなので、注意が必要です。

まとめ

定期か終身、特にがん保険の場合だと悩む問題だと思います。それぞれにメリットとデメリットがあるので、いまの自分の状況と照らし合わせて、最適な方を選ぶのが1番です。ただし、年齢によって優先順位が変わってくると思うので、その辺も考慮しながら加入を検討してみてくださいね。

 

がん保険の告知がゆるい保険会社はある?

a328335131dea56d7259ab6284f8aea0_s

がん保険に入る際に必要な告知。保険会社は違うといえど、大体告知内容は似たようなものになっています。ですが、保険会社の中には審査が特に厳しい保険会社もあります。

では逆に、告知審査がゆるい保険会社というのはあるのでしょうか?

ここでは告知審査について解説していきます。

がん保険の告知内容とは

まず、がん保険の告知内容について知っていなければいけません。これについては別の記事でも少し記載しているのですが、もう一度おさらいします。

がん保険の告知内容は基本的に、がんに関係のある質問が多いです。

例えば、アフラックでいうと

  • 今までにがん(悪性新生物)にかかったことがあるか
  • 現在入院中で、過去3ヶ月以内に入院または手術を勧められたか
  • 過去5年以内に病気やその疑いで、医師の診察・検査・治療・投薬をうけた(病気の種類は定められている種類の中)
  • 現在、病状や病気あるいはその疑いで、治療中・検査中・経過観察中である(これも定めれらている病気の種類の中で当てはまるものがあれば)

といった質問内容があります。提示されている病気の種類はがんの場合にでる症状など、様々なものがあります。

これはアフラックの告知内容なのですが、他の保険会社のがん保険もあまり大差はないと思います。

では、本題の告知がゆるい保険会社はあるのかという部分について触れていきたいと思います。

告知審査がゆるい保険会社

実際に告知審査がゆるい保険会社、がん保険はあるのか?という質問ですが、ないと考えるのが妥当です。正直言って、全体的に審査がゆるい保険会社というのはありません

ですが、あえて言うのなら、保険料が割安のがん保険は審査が厳しいと考えるべきです。もちろん保険料が高いから審査がゆるいというわけではないのですが、多少は保険料も関係してくるということです。

また、大手の保険会社のがん保険も割と審査は厳しいようですね。

嫌な話ですが、保険は【健康な人向け】の商品といっても過言ではありません。そのため、少しでも病気の疑いがあると、加入できないということも多々あります。

もちろん中には、病気に対応したがん保険も出てきていることは確かですが・・・。

とにかく、審査がゆるいがん保険はないと考えて告知をしてください。もちろん、審査に通りたいからといって、嘘の申告をすると告知違反となり罰せられる可能性もあるので、そういったことは絶対にしないようにしてください。

まとめ

告知がゆるいがん保険は基本的にありませんが、病気の方でも入れるがん保険はあります。持病や、当てはまる症状があるけど、加入したいと考えている方は、そういった場合でも加入ができそうな保険を探して加入を検討してみてください。

 

【実際はどうなの?】気になるがん保険の加入率をチェック!

3398f3d2992476c81dedce7ebc9e42e5_s

いま、がん保険のCMをよく見ますが実際に加入率ってどれくらいなのか、気になるところですよね。

実は年代や性別によって加入率が変わってくるのが、がん保険の特徴!というのも、もちろん年齢を重ねるにつれて、がんへの心配が高まる人が多いから。

若いうちは気にしていなくても、年齢を重ねると万が一のことを考えて加入する人が増えているようです。

ここではがん保険の加入率について、お伝えしていきます。

気になる!女性のがん保険加入率!

ご存知のとおり、最近では女性特有のがん保険が増えているですが、その加入率は一体どれくらいのものなのか、これから加入を考えている方は気になると思います。

女性のがん保険への加入率は年代によって少しずつ変わるのですが、大体、20~40%となっているようです。20代女性のがん保険への加入率は比較的低いようなのですが、30代40代とがんにかかりやすいと言われる年齢になればなるほど加入率は上がっているようです。

40%とすると、単純計算で10人中4人が加入していることになるので、確率としては高いほうではないでしょうか。

ただし、これはあくまで数字なのではっきりそうかと言われると難しいところです。参考程度にしてくださいね。

がん保険への加入率が年齢によって違う理由

これは女性のがん保険への加入率が年々高くなる理由と類似しています。さらに、年齢が重なるに連れて既婚の方も増えているのが理由の一つではないかと考えられます。

がんを患うと一人だけの問題ではなくなるため、世帯加入率が増えているようです。

また女性よりも男性の方が、がんになる確率が高いため20代に入っていなく、健康体だったとしても世帯を持つと、万が一のために加入する人が増えているようですね。世帯での加入率は年々増加しており大体40~50%の後半の加入率です。

また、年収によっても加入率は違っており、収入が多ければ多い方ほど加入率は高い傾向にあるようです。

これだけを見ると、独身の方より世帯を持つ方のほうが、加入率が高いことがわかります。

まとめ

がん保険への加入率はやはり年代、性別によって変わってくるようでした。ただし数字を見る限り中には加入していない方もいるので、そこはやはり個人の考えとなっているようです。

どうしても不安がある場合はやはり加入しておくのに越したことはないかもしれませんね。

現在の保険はがん保険だけでなく普通の医療保険で特約としてがん治療を付加することもできるようなので、まずは現在入っている保険の内容を改めて見直すことも良いかもしれません。