がん保険は終身と定期どちらがオススメ?

3838c6972918910f26674362b98dc14d_s

がん保険に入るとき、終身か定期か選ぶのにとても悩みますよね。まず終身保険と定期保険となると、保険料はもちろん、内容なども少しずつ違ってきます。

ここでは終身と定期の特徴と違い、どちらがオススメかについて解説していきたいと思います。

終身保険の特徴

まず、終身保険は文字通り、保障は解約しない限りは一生涯続く保険と考えて問題はありません。保険料も契約したときから一定で変わることもありません。終身保険の中にも2種類あり、ある決められた期間までか、終身、つまり死ぬまでかの2つです。

終身保険は、保険料が変わらないというメリットもありますが、その代わりにはじめから保険料が割高というデメリットもあります。

また、この場合はがん保険の終身型なので、保障が一生涯続くと言っても、がん関連の病気のみということをお忘れなく。

定期保険の特徴

定期保険は、5年ごと10年ごとなど期間ごとの更新でのがん保険なので、若ければ若いほど保険料は安く済みます。なので、更新ごとに保険料があがるという仕組みですね。ですが、その代わりに新しい現在加入している保険より良い商品が出たら、気軽にそちらに切り替えることができますし、始めは保険料も安いのでお得な感じがします。

ただし、年齢を重ねる毎に保険料は上がりますし、中には年齢が決められている保険もあるので、一生涯の保障があるかと言われれば少し難しいところです。

結局、終身と定期はどちらが良いのか

正直言って、終身保険も定期保険もそれぞれメリットとデメリットがあるので、どちらが良いかを決めるのは個人の価値観という風になってしまいます。

【保険料が高くても保障は一生涯あるほうが良い】という方には終身保険がオススメですし、【保障は一生涯でなくとも保険料が安いほうが良いし、新しい商品が出たら見直しもしたい】という方には定期保険がオススメです。

今回の場合、がんという年齢を重ねれば重ねるほど不安になる病気なので、終身保険がオススメかなと思いますが、料金的に厳しいのであれば、定期保険のほうがリーズナブルで良いかもしれません。

定期保険の中には、更新し続ける限りは一生涯の保障があるものもあるかもしれませんが、基本的には70~80歳までとの年齢制限がかけられているものが多いようなので、注意が必要です。

まとめ

定期か終身、特にがん保険の場合だと悩む問題だと思います。それぞれにメリットとデメリットがあるので、いまの自分の状況と照らし合わせて、最適な方を選ぶのが1番です。ただし、年齢によって優先順位が変わってくると思うので、その辺も考慮しながら加入を検討してみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です