【がん保険で気になること!】診断一時金100万は少ない?

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s

どんな病気でもそうですが、特にがんは一度罹るとかなりの金額が必要になりますよね。そのときにとても役立つ保障というのが診断一時金です。

この診断一時金というのは、がんと診断された時点で受け取ることができるものです。

最近のがん治療というのは、入院ではなく通院がほとんどで、また入院したとしても、昔と比べて期間がかなり短くなってきています。

そのため、これまでのがん保険だと自己負担しなければいけない金額が大幅に多いのです。またがん保険は入院後に申請をして受け取れるものなので、はじめは自己負担になりますよね。

ですが、この診断一時金があれば、はじめから負担が少なく、精神的な面で安心して治療を受けることができます。ですが、この診断一時金の100万円だけだと結果、がん保険に入っているのに自己負担のほうが多かったということにもなりかねないのです。

というのも、先程もお伝えしたとおり、従来のがん保険は入院1日につき平均1万円がもらえる保障となっています。ですが、最近の医療は発展していることもあり、入院日数は少なくて済み、通院が増えています。また手術だけではなく抗がん剤での治療も多くなっています。

確かに入院せずに済むといった点ではメリットですが、せっかく保険に入っているのに、入院をしなかったら自己負担しなければいけない部分が増えますよね。

そのため、診断一時金が100万円では少ないのでは・・・という意見が出ているようです。がん保険の中には診断一時金が200万円出るというものもあるようですが、その分もちろん保険料は高くなります。

もちろん、貯蓄がある場合は診断一時金が100万でも問題はないかと思われます。ただし、その場合は通院保障を付けておくことをオススメします。

というのも、先ほどもお伝えしたとおり、通院での治療が増えている中で入院だけのがん保険ではやはり自己負担が増えてしまうからです。

なので、貯蓄で負担分をすべて補えないな・・・という考えがあるのであれば、200万円の診断一時金があるがん保険を選ぶか、通院保障のついているがん保険がオススメです。

まとめ

一般的に診断一時金は100万円が平均的な額です。なので、少ないという風にはあまり考えられません。

もし少ないと感じるのであれば、もう少し違った対策を考えてみるのも良いかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です