【加入前に知りたい!】がん保険に世代別の入り方ってある?

090271e8ec7a1e136e05d5f1d855121d_s

がん保険に加入する方の年代によって、少しずつ用途が変わってきますよね。保険料が安いほうが良いとか、給付金が多い方が良かったり・・・。例えば20代と60代だと、がんに対する意識も違ってくると思います。

ここでは、そんな世代別の加入の仕方について解説していきます。

がん保険|世代別の入り方

はっきり言ってしまうと、世代別の入り方はないと言えます。簡単に言うと、年齢は強く意識して考えなくても良いということ。なぜなら、がん保険の必要性というのは、手元資金の残高や換金手段の有無次第と言えるからです。

一般的に、中高年の方には、「これからはがんに罹るリスクが高まるので、一生涯の保障を確保できる【終身がん保険】がオススメです」と案内されることが多いです。これは確かに、わかりやすいですよね。

しかし、「100万円くらいならいつでも出せるし、それくらいの金額なら特に家計にも響かないし問題はない」という方にとって、100万円の診断一時金があるがん保険は果たして必要と言えるでしょうか?

こういったことを考えると、特に年代は関係ないのではないかと思います。

また、保険とは「起こってほしくないことに掛けるクジ」のようなものでなので、年齢や性別、そういったことを考えてがん保険への加入を考え出すと、年齢とともに保障を厚くする方向に進みがちなので、結果的に保険料の額が上がることになります。つまりは、「年をとって年齢があがるほど高いクジを買って、多くを求める」という風になるのです。

保険とは、自分で補えない部分を補ってもらうためのものなので、年齢的に身体のことが心配だから・・・と良い保険料に入り、その結果保険料を高く支払っていると、なんのために保険に加入しているのかわからなくなりますよね。

まとめ

ここでは、年代別のがん保険への加入の仕方は特にないという風にお伝えしましたが、がん保険の種類によっては、年代により保障内容が変わることもあるかもしれません。

そういった保険があった場合は、年代別の加入の仕方もあると考えられます。

自分の考えている保険と保障内容等を見比べて検討してくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です