医療保険に入っているだけではダメ?がん保険はどうしても必要?

cd5ace0fe497b2d6fe77581912ba7008_s

医療保険とがん保険、それぞれ用途は違うのですが、よく「医療保険だけで補うことはできないのか?」といった質問を見かけます。ここでは、医療保険とがん保険どちらのほうが良いのか、について解説していきます。

医療保険だけではダメ?

やはりがんに備えたいのであれば、医療保険よりがん保険が必要です。なぜなら、医療保険の場合、給付金の額が「入院日数の長短」と「手術の有無」に左右されることが多いからです。

例えば、仮に胃がんを患った方が入院をして、腹腔鏡手術を受けたとします。その場合入院日数は10日程度になると考えてください。仮に、入院1日につき1万円、手術は一律20万円が給付される医療保険だとします。すると、支払われる給付金の額は1万円×10日間+20万円となり、計30万円となります。

また、治療以外の「定期検査」に1年目は約2万円、2年目以降になると3万円ほどの費用がかかるのですが、医療保険からの給付金はありません。さらに、抗がん剤治療のように「入院が必要ない治療」にかかる費用も補てんできないようです。

ではがん保険は一体どうなのでしょうか。

がん保険の保障内容

一方、がん保険は一般的なものだと、診断時に100万円、入院1日につき1万円、手術の場合は20万円が給付される仕組みになっています。こういった保険に加入していれば、同じ治療を受けた場合でも、130万円の給付金が受け取ることができます。

これだけのお金を受け取ることができるとなると、定期検査の費用はもちろん、抗がん剤治療に関しても、対応できるのではないでしょうか。もちろん、がん保険の種類によっては限度があったり、多少保障内容が変わるので、あらかじめ確認しておいてくださいね。

結局どっちを選べば良い?

そもそも、保険というのは、貯蓄では対応しきれない治療費が必要になったときに、治療に必要な金額が調達するためのものです。そのため、保険を活用するときの優先順位というのは「死亡→大病→医療」という風になります。

そのそも、医療保険というのは10万円単位といった大きな出費が家計にとって大打撃となる状況にのみ検討した方が良い保険というイメージがあります。

そのため、現在どちらにも加入していないという方には、がん保険の方がオススメできるかなと思います。

まとめ

ここではがんにのみ、着目してオススメの保険はどちらかということをお伝えさせていただきましたが、万が一、すでに医療保険に入っているという方がいれば、それはそれで良いのではないかと思います。

解約をしても、特に問題なければ解約し、がん保険に入りなおすというのも一つの手段です。

これに関しては個人の自由ですが、やはりがんに関しては診断給付金を重視して保険を選ぶことをオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です