【見直しが必要?!】がん特約が付加されている保険とがん保険

d89795b8085614c4b791ab19e1867593_s

まず、現在がん保険ではなく、「がん特約を付加した保険に加入している」という方は、見直しをしたほうが良いかもしれません。

というのも、一般的に、各保険の「特約」を更かした大手保険会社の商品は割高の傾向があります。

例えば、死亡保障部分の価格など、インターネットの生命保険で同じ大きさの保証を持つ場合と比べると、倍近い金額に設定されていたりします。これは格別なサービスがあるからではなく、人材の定着率が低い営業集団を抱えていること、内勤に高給取りが多いことなど、つまりは保険会社の都合で保険料の値段も高くなっているのです。

そのため、加入時期によって変わりますが、健康状態が許すようであれば、がん特約を付加した保険から、きちんとしたがん保険に入り直しを検討する価値は十分にあります。

家族がいて、まだ子育てが終わっていない方は、世帯主が万が一に備える定期保険を、まずは検討し、次にがん保険を選ぶのが良いのではないでしょうか。

また、現在どこかの保険に加入しているとして、解約をした場合、100万~200万円くらいの解約払戻金がある方などは、がん保険の入り直しにこだわる必要もないかと思います。

なお、お子様が自立している方や、年齢・健康状態の関係で「新規加入」が難しいという方、「更新」によって保険料が急増する方は、保険料負担を抑えながら継続する方法もあるようなので、そちらが良いかもしれません。

加入を考えている方の状況によって、見直ししたほうが良いのかどうかは大きく違ってくると思うので、まずは解約にどれくらいお金がかかるか、現在どのくらいの保険料を支払っているのかを見てみてください。

まとめ

現在加入している保険から、見直しをして、特に損をする部分がなければ、がん保険に入りなおすのも良いかもしれません。ですが、払戻しがなかったり、がん保険に加入するには年齢的に金額がかなり高くなるという方は、そのままで良い気もします。

がん保険はあくまで保険なので、何度も見直しをしたりして、損をしないようにしてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です