【加入前にチェック!】がん保険に診断給付金は不要?

385b6f3bfb3fd73d4fa3eeae21753119_s

がん保険への加入を考えている人の意見を見ていると「がん保険に診断給付金は不要」と言っている方が多く見受けられました。

むしろ、診断給付金のほうが重要と考えている方が多いと思っていたので、少し驚きです。

ここでは、診断給付金の必要性について解説していきます。

と、その前に診断給付金とは一体何なのかについてご説明。診断給付金とは、診断一時金とも言われているもので、がんと診断された時点で保険会社から給付金をもらうことができます

通常、保険は治療でかかった費用をあとから申請してもらうことができるというシステムなのですが、診断給付金の場合は、治療を受ける前にもらうことができるのです。

診断給付金の必要性

まず、診断給付金はがんと診断された時点で受け取ることができる給付金だとお伝えしました。診断給付金のメリットは主に2つあります。

  • まとまったお金を受け取ることができる
  • 診断された時点で受け取ることができるので、補そのお金で補うことが可能

がんの治療には莫大な費用がかかります。それをまず自分で負担するというのは正直不安要素しかないですよね。ですが、診断給付金を受け取ることで、そういった精神的な不安が取り除かれるので安心感があります。

万が一そのあと、手術や入院・通院になっても保険の保障内容によっては、あとになりますが、保険金を受け取ることができます。

つまり診断給付金をひとまず受け取ることで、先に自分自身で負担しなければいけない額が減るということですね。ちなみに診断給付金は平均100万円ほど受け取ることができるようです。

保険の種類によっては診断給付金の金額も変わってくるようなので、そこは自分がどれくらいの金額を受け取りたいかによると思います。

診断給付金のデメリット

診断給付金は良いことばかり!というわけでもありません。これは、デメリットというか、注意しなければいけないことです。それは、診断給付金の受け取りは「1度のみ」としている保険会社もあるということ。

がんは一度罹ってしまうと、再発する可能性がとても高い病気です。そのため、費用が重ねてかかる場合があります。

がんと診断された場合受け取ることができるのが、がん診断給付金ですが、再発した場合、給付がないこともあるのです。もちろん、最近のがん保険では再度診断給付金を受け取ることのできる商品も出てきています。

ですが、やはりそういった保険を選ぶとなると、保険料もあがります。そういった意味で、診断給付金を受け取れる回数を選ぶのがデメリットになりうるかもしれません。

まとめ

診断給付金は不要というより、むしろがん保険を選ぶ中で1番注目するべき項目だと思います。診断された時点でまとまったお金を受け取ることができるというのは、大きなメリットです。

なので、がん保険を考えている方は、まず診断給付金はあるか、またどのくらいの金額を受け取れるのかを重要視してください。

また、何度受け取ることができるのかについてもきっちり調べた上で、自分の状態と照らし合わせて保険を選ぶとよいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です