がん保険は終身と定期どちらがオススメ?

3838c6972918910f26674362b98dc14d_s

がん保険に入るとき、終身か定期か選ぶのにとても悩みますよね。まず終身保険と定期保険となると、保険料はもちろん、内容なども少しずつ違ってきます。

ここでは終身と定期の特徴と違い、どちらがオススメかについて解説していきたいと思います。

終身保険の特徴

まず、終身保険は文字通り、保障は解約しない限りは一生涯続く保険と考えて問題はありません。保険料も契約したときから一定で変わることもありません。終身保険の中にも2種類あり、ある決められた期間までか、終身、つまり死ぬまでかの2つです。

終身保険は、保険料が変わらないというメリットもありますが、その代わりにはじめから保険料が割高というデメリットもあります。

また、この場合はがん保険の終身型なので、保障が一生涯続くと言っても、がん関連の病気のみということをお忘れなく。

定期保険の特徴

定期保険は、5年ごと10年ごとなど期間ごとの更新でのがん保険なので、若ければ若いほど保険料は安く済みます。なので、更新ごとに保険料があがるという仕組みですね。ですが、その代わりに新しい現在加入している保険より良い商品が出たら、気軽にそちらに切り替えることができますし、始めは保険料も安いのでお得な感じがします。

ただし、年齢を重ねる毎に保険料は上がりますし、中には年齢が決められている保険もあるので、一生涯の保障があるかと言われれば少し難しいところです。

結局、終身と定期はどちらが良いのか

正直言って、終身保険も定期保険もそれぞれメリットとデメリットがあるので、どちらが良いかを決めるのは個人の価値観という風になってしまいます。

【保険料が高くても保障は一生涯あるほうが良い】という方には終身保険がオススメですし、【保障は一生涯でなくとも保険料が安いほうが良いし、新しい商品が出たら見直しもしたい】という方には定期保険がオススメです。

今回の場合、がんという年齢を重ねれば重ねるほど不安になる病気なので、終身保険がオススメかなと思いますが、料金的に厳しいのであれば、定期保険のほうがリーズナブルで良いかもしれません。

定期保険の中には、更新し続ける限りは一生涯の保障があるものもあるかもしれませんが、基本的には70~80歳までとの年齢制限がかけられているものが多いようなので、注意が必要です。

まとめ

定期か終身、特にがん保険の場合だと悩む問題だと思います。それぞれにメリットとデメリットがあるので、いまの自分の状況と照らし合わせて、最適な方を選ぶのが1番です。ただし、年齢によって優先順位が変わってくると思うので、その辺も考慮しながら加入を検討してみてくださいね。

 

【注意!】がん保険で告知義務違反をするとどうなるの?

c7df9eccf7574310f2e1670a5b9badf1_s

がん保険に加入するには告知をしなければいけないとお伝えしましたが、万が一告知内容に嘘をついていたり、意図的にではなくとも告知漏れがあった場合はどうなるのかについて解説していきます。

告知義務違反とは

まず、告知義務違反とは【提示されている内容に嘘をついた場合】違反になるものです。まず、保険に加入する方は告知義務というものがあります。病歴だったり職業だったり、加入者はそれに嘘をつくことなく答える義務があります。

基本的に告知は書面でのやりとりになります。

万が一、虚偽の告知をすると実際に病気になったとき、診断一時金や保険がおりないということになるのです。また、保険を一方的に解約されることもあります。

この告知義務違反、実は知らないうちにやってしまっている・・・なんてこともあるので要注意なんです。

告知義務違反はどういった場合に起こるのかというと・・・

  • 保険会社の不告知教唆
  • 告知漏れ
  • 意図的なもの

それぞれどういったものなのか解説。

保険会社の不告知教唆

これは、保険会社の営業マンの方がお客様に対して、嘘の告知をさせることです。営業マンは加入者を増やしてナンボなので、たまにこういったことを勧めてくる方がいるようです。ですが、いくら勧められたからといっても、絶対に嘘の告知はしないでください。結果、それをして損をするのは自分自身です。

告知漏れ

告知漏れというのは、例えば健康診断を受け、結果が出る前に保険に加入したとします。そのときの告知では病気の症状すべてに【いいえ】をつけ、審査に通りますよね。ですが、そのあと再検査があり、病気だった・・・となると、これも告知義務違反となってしまうようです。告知したときは、まさか病気とは思っていなかったという場合もあると思います。ですが、それ理由にしかならず、保険金を受け取ることができないケースが多々あるようです。

意図的なもの

これは、病気や持病がある、当てはまる症状があるにも関わらず、嘘をついて加入した場合です。これは、一目瞭然の告知義務違反ですよね。この場合も、もちろんですが、何かあったとき保険金を受け取ることはできません。

告知するときの注意

意図的なものはもちろんダメですが、それ以外の申告漏れをなくすためには、疑問点があれば必ず保険会社に確認すること。

また、少しでも健康状態に不安がある方はそれもきちんと告知すること。

そういった小さなことを確認・告知しているだけで、大きく変わるのです。

まとめ

告知義務違反はその時にはわからなくても、保険金を払い続けて、いざ受け取るときに違反だということがわかり、受け取ることができないということがあります。また、せっかく入ったのに、一方的に解約・・・なんてこともありえるのです。

そんなことを防ぐためにも、絶対に告知義務違反はしないようにしましょう。

 

 

がん保険の告知がゆるい保険会社はある?

a328335131dea56d7259ab6284f8aea0_s

がん保険に入る際に必要な告知。保険会社は違うといえど、大体告知内容は似たようなものになっています。ですが、保険会社の中には審査が特に厳しい保険会社もあります。

では逆に、告知審査がゆるい保険会社というのはあるのでしょうか?

ここでは告知審査について解説していきます。

がん保険の告知内容とは

まず、がん保険の告知内容について知っていなければいけません。これについては別の記事でも少し記載しているのですが、もう一度おさらいします。

がん保険の告知内容は基本的に、がんに関係のある質問が多いです。

例えば、アフラックでいうと

  • 今までにがん(悪性新生物)にかかったことがあるか
  • 現在入院中で、過去3ヶ月以内に入院または手術を勧められたか
  • 過去5年以内に病気やその疑いで、医師の診察・検査・治療・投薬をうけた(病気の種類は定められている種類の中)
  • 現在、病状や病気あるいはその疑いで、治療中・検査中・経過観察中である(これも定めれらている病気の種類の中で当てはまるものがあれば)

といった質問内容があります。提示されている病気の種類はがんの場合にでる症状など、様々なものがあります。

これはアフラックの告知内容なのですが、他の保険会社のがん保険もあまり大差はないと思います。

では、本題の告知がゆるい保険会社はあるのかという部分について触れていきたいと思います。

告知審査がゆるい保険会社

実際に告知審査がゆるい保険会社、がん保険はあるのか?という質問ですが、ないと考えるのが妥当です。正直言って、全体的に審査がゆるい保険会社というのはありません

ですが、あえて言うのなら、保険料が割安のがん保険は審査が厳しいと考えるべきです。もちろん保険料が高いから審査がゆるいというわけではないのですが、多少は保険料も関係してくるということです。

また、大手の保険会社のがん保険も割と審査は厳しいようですね。

嫌な話ですが、保険は【健康な人向け】の商品といっても過言ではありません。そのため、少しでも病気の疑いがあると、加入できないということも多々あります。

もちろん中には、病気に対応したがん保険も出てきていることは確かですが・・・。

とにかく、審査がゆるいがん保険はないと考えて告知をしてください。もちろん、審査に通りたいからといって、嘘の申告をすると告知違反となり罰せられる可能性もあるので、そういったことは絶対にしないようにしてください。

まとめ

告知がゆるいがん保険は基本的にありませんが、病気の方でも入れるがん保険はあります。持病や、当てはまる症状があるけど、加入したいと考えている方は、そういった場合でも加入ができそうな保険を探して加入を検討してみてください。

 

【がん保険で気になること!】診断一時金100万は少ない?

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s

どんな病気でもそうですが、特にがんは一度罹るとかなりの金額が必要になりますよね。そのときにとても役立つ保障というのが診断一時金です。

この診断一時金というのは、がんと診断された時点で受け取ることができるものです。

最近のがん治療というのは、入院ではなく通院がほとんどで、また入院したとしても、昔と比べて期間がかなり短くなってきています。

そのため、これまでのがん保険だと自己負担しなければいけない金額が大幅に多いのです。またがん保険は入院後に申請をして受け取れるものなので、はじめは自己負担になりますよね。

ですが、この診断一時金があれば、はじめから負担が少なく、精神的な面で安心して治療を受けることができます。ですが、この診断一時金の100万円だけだと結果、がん保険に入っているのに自己負担のほうが多かったということにもなりかねないのです。

というのも、先程もお伝えしたとおり、従来のがん保険は入院1日につき平均1万円がもらえる保障となっています。ですが、最近の医療は発展していることもあり、入院日数は少なくて済み、通院が増えています。また手術だけではなく抗がん剤での治療も多くなっています。

確かに入院せずに済むといった点ではメリットですが、せっかく保険に入っているのに、入院をしなかったら自己負担しなければいけない部分が増えますよね。

そのため、診断一時金が100万円では少ないのでは・・・という意見が出ているようです。がん保険の中には診断一時金が200万円出るというものもあるようですが、その分もちろん保険料は高くなります。

もちろん、貯蓄がある場合は診断一時金が100万でも問題はないかと思われます。ただし、その場合は通院保障を付けておくことをオススメします。

というのも、先ほどもお伝えしたとおり、通院での治療が増えている中で入院だけのがん保険ではやはり自己負担が増えてしまうからです。

なので、貯蓄で負担分をすべて補えないな・・・という考えがあるのであれば、200万円の診断一時金があるがん保険を選ぶか、通院保障のついているがん保険がオススメです。

まとめ

一般的に診断一時金は100万円が平均的な額です。なので、少ないという風にはあまり考えられません。

もし少ないと感じるのであれば、もう少し違った対策を考えてみるのも良いかもしれないですね。

【加入前に知りたい!】がん保険に世代別の入り方ってある?

090271e8ec7a1e136e05d5f1d855121d_s

がん保険に加入する方の年代によって、少しずつ用途が変わってきますよね。保険料が安いほうが良いとか、給付金が多い方が良かったり・・・。例えば20代と60代だと、がんに対する意識も違ってくると思います。

ここでは、そんな世代別の加入の仕方について解説していきます。

がん保険|世代別の入り方

はっきり言ってしまうと、世代別の入り方はないと言えます。簡単に言うと、年齢は強く意識して考えなくても良いということ。なぜなら、がん保険の必要性というのは、手元資金の残高や換金手段の有無次第と言えるからです。

一般的に、中高年の方には、「これからはがんに罹るリスクが高まるので、一生涯の保障を確保できる【終身がん保険】がオススメです」と案内されることが多いです。これは確かに、わかりやすいですよね。

しかし、「100万円くらいならいつでも出せるし、それくらいの金額なら特に家計にも響かないし問題はない」という方にとって、100万円の診断一時金があるがん保険は果たして必要と言えるでしょうか?

こういったことを考えると、特に年代は関係ないのではないかと思います。

また、保険とは「起こってほしくないことに掛けるクジ」のようなものでなので、年齢や性別、そういったことを考えてがん保険への加入を考え出すと、年齢とともに保障を厚くする方向に進みがちなので、結果的に保険料の額が上がることになります。つまりは、「年をとって年齢があがるほど高いクジを買って、多くを求める」という風になるのです。

保険とは、自分で補えない部分を補ってもらうためのものなので、年齢的に身体のことが心配だから・・・と良い保険料に入り、その結果保険料を高く支払っていると、なんのために保険に加入しているのかわからなくなりますよね。

まとめ

ここでは、年代別のがん保険への加入の仕方は特にないという風にお伝えしましたが、がん保険の種類によっては、年代により保障内容が変わることもあるかもしれません。

そういった保険があった場合は、年代別の加入の仕方もあると考えられます。

自分の考えている保険と保障内容等を見比べて検討してくださいね。

 

【加入前に知っておきたい】そもそもがんに罹るといくらお金が必要?

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s

がん保険に入る1番の理由として、がんに罹ったときにかかるであろう莫大な費用を保険でカバーするため、というのが考えられます。

ですが、実際はどれくらいかかるものなのでしょうか。それについて解説していきたいと思います。

実はがんに罹った場合、【高額療養費制度】というものを受けることができます。これを受け取った場合、がん保険に加入していなくても自己負担額は大体100万円で済むのではないかと言われています。

ですが、実際は100万円で済まないということも多々あります。それはやはり病気の重さによって異なります。

さらに、この高額療養費制度、実は落とし穴があるんです。

高額療養費制度の落とし穴とは?

ここでは、とある例をご紹介します。

その方は最初にがんが発見されてから、お亡くなりになるまで、3年4ヶ月程の間に転移が2回あり、通算で186日の入院、通院は64日ほどでした。病院に支払ったとされる医療費の総額は、292万3452円。そのうち、137万3526円が適用されない保険外治療費で、そのうち123万7350円は差額ベッド代です。

したがって、今回の事例の場合は、差額ベット代については非常に高額になっており、どちらかというと珍しい例と見ることもできるかもしれません。とはいえ、これが1番の問題ではなく、差額ベッド代が発生しなかったとしても、患者さんの自己負担が、高額療養費制度によって、さほど抑えられていない事実があるということです。

実際に、この記録によると3年超の間、自己負担限度額を超えない月の方が圧倒的に多かったことがわかります。つまり、制度の存在を知っていても、その恩恵をほとんど受けることができなかった、ということです。月単位での生産は31回となっていますが、8万+αの限度額を超えている月は3回しかありません。10回につき1回未満です。ほかは7万円台が4回、6万円台が2回、5万円台が1回、4万円台が5階、3万円台が3回、2万円台が5回、2万円未満が8回となっています。

そのため、154万9926円の自己負担額のうち、高額療養費制度によって払い戻しがあった金額というのは35万3210円となります。3年4ヶ月ほどの期間でいうと、毎年40万円近い自己負担だったということになるます。おそらく当事者の方の実感としては、高額療養費制度はほとんど約に立たなかったという認識になっているかと思います。

こういった制度があるにも関わらず、自己負担額は大きな金額になっています。

まとめ

こういった制度は、限度や制限が設けられているので、実際に自己負担額が少なくなる・・・というのは難しいようです。

もちろん、制度があることは有難いですが、結局自己負担額が減らないとなると意味がないような気もします。

そういったことも踏まえて、やはりがん保険も必要なのかな・・・と考えさせられますね。こういった制度を使ってあとは自己負担でも大丈夫という方はとくに問題ありませんが、どうしても負担は減らしたいとお考えの方は、やはりがん保険を検討してみる価値がありそうです。

 

【見直しが必要?!】がん特約が付加されている保険とがん保険

d89795b8085614c4b791ab19e1867593_s

まず、現在がん保険ではなく、「がん特約を付加した保険に加入している」という方は、見直しをしたほうが良いかもしれません。

というのも、一般的に、各保険の「特約」を更かした大手保険会社の商品は割高の傾向があります。

例えば、死亡保障部分の価格など、インターネットの生命保険で同じ大きさの保証を持つ場合と比べると、倍近い金額に設定されていたりします。これは格別なサービスがあるからではなく、人材の定着率が低い営業集団を抱えていること、内勤に高給取りが多いことなど、つまりは保険会社の都合で保険料の値段も高くなっているのです。

そのため、加入時期によって変わりますが、健康状態が許すようであれば、がん特約を付加した保険から、きちんとしたがん保険に入り直しを検討する価値は十分にあります。

家族がいて、まだ子育てが終わっていない方は、世帯主が万が一に備える定期保険を、まずは検討し、次にがん保険を選ぶのが良いのではないでしょうか。

また、現在どこかの保険に加入しているとして、解約をした場合、100万~200万円くらいの解約払戻金がある方などは、がん保険の入り直しにこだわる必要もないかと思います。

なお、お子様が自立している方や、年齢・健康状態の関係で「新規加入」が難しいという方、「更新」によって保険料が急増する方は、保険料負担を抑えながら継続する方法もあるようなので、そちらが良いかもしれません。

加入を考えている方の状況によって、見直ししたほうが良いのかどうかは大きく違ってくると思うので、まずは解約にどれくらいお金がかかるか、現在どのくらいの保険料を支払っているのかを見てみてください。

まとめ

現在加入している保険から、見直しをして、特に損をする部分がなければ、がん保険に入りなおすのも良いかもしれません。ですが、払戻しがなかったり、がん保険に加入するには年齢的に金額がかなり高くなるという方は、そのままで良い気もします。

がん保険はあくまで保険なので、何度も見直しをしたりして、損をしないようにしてくださいね。

 

 

医療保険に入っているだけではダメ?がん保険はどうしても必要?

cd5ace0fe497b2d6fe77581912ba7008_s

医療保険とがん保険、それぞれ用途は違うのですが、よく「医療保険だけで補うことはできないのか?」といった質問を見かけます。ここでは、医療保険とがん保険どちらのほうが良いのか、について解説していきます。

医療保険だけではダメ?

やはりがんに備えたいのであれば、医療保険よりがん保険が必要です。なぜなら、医療保険の場合、給付金の額が「入院日数の長短」と「手術の有無」に左右されることが多いからです。

例えば、仮に胃がんを患った方が入院をして、腹腔鏡手術を受けたとします。その場合入院日数は10日程度になると考えてください。仮に、入院1日につき1万円、手術は一律20万円が給付される医療保険だとします。すると、支払われる給付金の額は1万円×10日間+20万円となり、計30万円となります。

また、治療以外の「定期検査」に1年目は約2万円、2年目以降になると3万円ほどの費用がかかるのですが、医療保険からの給付金はありません。さらに、抗がん剤治療のように「入院が必要ない治療」にかかる費用も補てんできないようです。

ではがん保険は一体どうなのでしょうか。

がん保険の保障内容

一方、がん保険は一般的なものだと、診断時に100万円、入院1日につき1万円、手術の場合は20万円が給付される仕組みになっています。こういった保険に加入していれば、同じ治療を受けた場合でも、130万円の給付金が受け取ることができます。

これだけのお金を受け取ることができるとなると、定期検査の費用はもちろん、抗がん剤治療に関しても、対応できるのではないでしょうか。もちろん、がん保険の種類によっては限度があったり、多少保障内容が変わるので、あらかじめ確認しておいてくださいね。

結局どっちを選べば良い?

そもそも、保険というのは、貯蓄では対応しきれない治療費が必要になったときに、治療に必要な金額が調達するためのものです。そのため、保険を活用するときの優先順位というのは「死亡→大病→医療」という風になります。

そのそも、医療保険というのは10万円単位といった大きな出費が家計にとって大打撃となる状況にのみ検討した方が良い保険というイメージがあります。

そのため、現在どちらにも加入していないという方には、がん保険の方がオススメできるかなと思います。

まとめ

ここではがんにのみ、着目してオススメの保険はどちらかということをお伝えさせていただきましたが、万が一、すでに医療保険に入っているという方がいれば、それはそれで良いのではないかと思います。

解約をしても、特に問題なければ解約し、がん保険に入りなおすというのも一つの手段です。

これに関しては個人の自由ですが、やはりがんに関しては診断給付金を重視して保険を選ぶことをオススメします。

 

【加入前にチェック!】がん保険に診断給付金は不要?

385b6f3bfb3fd73d4fa3eeae21753119_s

がん保険への加入を考えている人の意見を見ていると「がん保険に診断給付金は不要」と言っている方が多く見受けられました。

むしろ、診断給付金のほうが重要と考えている方が多いと思っていたので、少し驚きです。

ここでは、診断給付金の必要性について解説していきます。

と、その前に診断給付金とは一体何なのかについてご説明。診断給付金とは、診断一時金とも言われているもので、がんと診断された時点で保険会社から給付金をもらうことができます

通常、保険は治療でかかった費用をあとから申請してもらうことができるというシステムなのですが、診断給付金の場合は、治療を受ける前にもらうことができるのです。

診断給付金の必要性

まず、診断給付金はがんと診断された時点で受け取ることができる給付金だとお伝えしました。診断給付金のメリットは主に2つあります。

  • まとまったお金を受け取ることができる
  • 診断された時点で受け取ることができるので、補そのお金で補うことが可能

がんの治療には莫大な費用がかかります。それをまず自分で負担するというのは正直不安要素しかないですよね。ですが、診断給付金を受け取ることで、そういった精神的な不安が取り除かれるので安心感があります。

万が一そのあと、手術や入院・通院になっても保険の保障内容によっては、あとになりますが、保険金を受け取ることができます。

つまり診断給付金をひとまず受け取ることで、先に自分自身で負担しなければいけない額が減るということですね。ちなみに診断給付金は平均100万円ほど受け取ることができるようです。

保険の種類によっては診断給付金の金額も変わってくるようなので、そこは自分がどれくらいの金額を受け取りたいかによると思います。

診断給付金のデメリット

診断給付金は良いことばかり!というわけでもありません。これは、デメリットというか、注意しなければいけないことです。それは、診断給付金の受け取りは「1度のみ」としている保険会社もあるということ。

がんは一度罹ってしまうと、再発する可能性がとても高い病気です。そのため、費用が重ねてかかる場合があります。

がんと診断された場合受け取ることができるのが、がん診断給付金ですが、再発した場合、給付がないこともあるのです。もちろん、最近のがん保険では再度診断給付金を受け取ることのできる商品も出てきています。

ですが、やはりそういった保険を選ぶとなると、保険料もあがります。そういった意味で、診断給付金を受け取れる回数を選ぶのがデメリットになりうるかもしれません。

まとめ

診断給付金は不要というより、むしろがん保険を選ぶ中で1番注目するべき項目だと思います。診断された時点でまとまったお金を受け取ることができるというのは、大きなメリットです。

なので、がん保険を考えている方は、まず診断給付金はあるか、またどのくらいの金額を受け取れるのかを重要視してください。

また、何度受け取ることができるのかについてもきっちり調べた上で、自分の状態と照らし合わせて保険を選ぶとよいでしょう。

 

【がん保険と医療保険】選び方はどうすれば良い?

adf7c0d82b832b06f25e6040c9eeac0a_s

保険加入を考えている方は【がん保険】と【医療保険】で迷う方が多いようです。似ているようで少しずつ違うこの2つの保険、選び方はあるのでしょうか?

がん保険と医療保険のそれぞれの特徴についてお伝えしていきたいと思います。

がん保険と医療保険の違い

まず、医療保険というとがんも含まれていると考えてしまいがちなのですが、実は含まれていないことが多いようです。というのも、がんは普通の病とは別と考えられているからです。

もちろんがん以外の病気に幅広く対応しているのが医療保険です。また、特約を付加することでがん治療の場合の保障をつけることも可能なのですが、通常料金よりは高くなってしまいます。

まず、分かりやすく医療保険とがん保険の特徴をピックアップします。

がん保険の特徴

がん保険の特徴は主に3つ。

  • がん保険に特化している
  • がんと診断された場合診断一時金が出る
  • 通院治療にも対応している保険がある

医療保険の特徴

医療保険の特徴は2つ。

  • がん以外の病気に幅広く対応している
  • 特約を付加することでがんにも対応する保険がある

がんのことを考えずに保険に入るなら、断然医療保険になるかと思います。ですが、万が一がんを患った場合は全く保障されていないので不安要素が残ります。

例えば、医療保険でがん特約を付加していたとしても、診断一時金はまた別の特約になっている場合が多く、入院・手術以外がん特約が適応されないということも多いようです。

そうなると、特約が無駄になってしまうので、意味がないですよね。

がん保険と医療保険の選び方

がん保険と医療保険の選び方に関しては、本当に状況と考え方によると思います。どちらに重きを置いて選択するかですね。

がん保険の場合だと、

  • 診断一時金がもらえる
  • 通院保障が付いているがん保険が多い

というメリットがありますし、医療保険だと

  • がん以外の病気に幅広く対応している

という大きなメリットがあります。どちらもメリットとデメリットが少し大きいですよね。

もちろん、すでに医療保険に加入している方は無理にがん保険に加入する必要はないと思います。ですが、現在どちらにも加入していないとなると、将来にかなり不安が出てくるのではないかと考えられます。

そういった意味で、がん保険の選び方は重要なのではないでしょうか。

まとめ

がん保険、医療保険どちらにもそれぞれメリット、デメリットがあるので選び方は重要です。現在医療保険に加入しているという方は、がん保険の特約を考えてみるのも一つのポイントかなと思います。

がんは一度罹ってしまうと恐ろしい病気です。考えすぎもよくありませんが、選び方は慎重に、万一に備えて、行っておくのが良いかもしれません。